腰痛・背中のはりとカイロ

 

腰痛・背中のはりとカイロについて

一般的な初期の腰痛の80~90%は診断がつかないといわれています。この事実は、腰痛の原因を特定の解剖学的所見に基づいた画一的な医学的アプローチには限界がある可能性を示しています。現実として腰痛に対する治療の主流は湿布を張ったり、痛み止めを飲んだり、電気をかけたりとなっています。近年になってわが国でも腰痛における精神心理的な要素、すなわち機能的な側面に対して評価・治療が行われるようになってきました。

カイロ治療の最大の特徴は、除外診断(禁忌疾患の排除)をふまえ、触診を中心としたカイロ的な検査から得られた「身体所見」を治療することでです。その結果として症状が軽減するのです。腰痛に対して対症療法が行われている医学的治療の現状では、カイロで実践されている「身体所見を治療する」という発想はあまりありません。

カイロでは、個々の関節や関節を動かす筋肉に、本来あるべき柔軟性を維持・確保することが、人間らしさや身体の安定性に重要であると考えています。

本来あるべき背骨の可動性、柔軟性を獲得させることができる治療手技であり、臨床的に手技治療の対象となる身体所見をサブラクセーションと呼んでいます。それは単なる形態的、解剖学的なものではなく、神経系を介してからだ全体の機能に影響を及ぼしうるものと考えています。カイロの治療によって背骨の柔軟性を確保することによって、腰痛に対し自然治癒を促すことで、腰痛全体に動的な安定性が生まれます。その結果、腰痛が軽減すると考えています。

腰痛に対してカイロ治療を行ってはいけない症状は下記のとおりです。

急性骨折、脱臼、脊椎・脊髄腫瘍、軟部組織腫瘍、脊椎炎、血腫(脊髄あるいは脊柱管内)、進行性の神経学的欠損徴候を伴う明確な椎間板ヘルニア、内固定使用例、髄膜炎など。